無意味な裁量法

憤りごもっともです。私も完全に全文に同意です。司法が被害者を守らないなら仇討ちを認めるべきだし、認められなくても実行するのが遺族感情として当然です。

殺した人数もそうですが、計画性云々で人の命の弁償に差が出るのも本来おかしな話です。
計画性がないように装って用意周到かもしれないし、そもそも殺された側にはそんなもん全く関係のない話ですよね。
もうこれじゃ、殺され損よりむしろ人を殺したほうが得なのか?って聞きたくなるほどです。
護身術を身につけたり、防犯ブサーを常時携帯したり(←これは私も実行しています)、近所との連携・戸締まりに用心・闇金相談 和歌山犯罪に遭わないために考えられるあらゆることを常々心に留めておかなくてはいけませんね。

まあこんな悪世じゃ、未来に希望も持てず、自分を守ることで精一杯。
社会貢献したいという公共心や、弱者に優しくありたいという博愛心なんか育つはずもありません。
そんな厳しくも恐ろしい世の中にしておいて、誰が子供をたくさん産もうと思えますかね。

話がずれましてすみません。
私も以前から、特にこのようなロボット裁判官がほざく計画性が云々というたわ言が腹立たしくてたまりませんでした。

本当に無意味な裁量法ですよね。おっしゃる通り被害者や遺族側からすれば、そんな事は関係なく既に命を奪われている事に変わりは無いのですから。

この事からも、いかに弱者ではなく犯罪者の為に犯罪者の視点に立った裁判が今までされてきたかが解ります。

今まで日本は平和だと言われ続けてきましたが、社会的基盤やモラルが形骸化した今のこの国ではそんな言葉も全く説得力を持たなくなりましたね。