外貨預金

覚えておこう、外貨MMFの内容⇒国内で売買が許されている外貨商品の名前。

一般的に外貨預金よりも利回りがかなり高いうえ、為替変動によって発生した利益が非課税なんていうメリットがある。証券会社で購入しよう。

覚えておこう、MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や償還まで1年以内のいわゆる短期金融資産で運用し利益を得る投資信託(投資家の資 金を集めて専門家が運用する)です。もし取得後の定められた期間(30日未満)で解約するような場合・・・これは手数料にペナルティが課せられるという仕 組み。

このように我が国の金融市場の競争力を強化することを目的とした緩和のほか、金融制度のますますの質的向上が目指されている取組や試み等を積極的に促進する等、市場と規制環境に関する整備が常に進められています。

小渕首相が逝去、森内閣が発足した西暦2000年7月、旧大蔵省より検査・監督に加えて金融制度の企画立案事務を新たに移管しこれまでの金融監督庁という 組織を金融庁(金融再生委員会下ではあるが)として再組織した。さらには2001年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、金融庁は内閣府直属の外局 となった。

平成10年6月に、大蔵省(当時)銀行局や証券局等が所掌していた事務のうち、民間金融機関等(民間資本によって運営される銀行等)の検査・監督に関するものを分離することで、当時の総理府の内部部局ではなく外局、金融監督庁(現金融庁)を発足させたのが現実です。