理由で拒絶

いかに、味方をつけるかが問題なのに自分だけの「正義」や「真実」に固執して敵を作る言論人が多い。
百田氏は「他人に品格を要求するくらいなら、

あなたたちも私も批判するな」とツイッターで書いているが、作家としていかがなものか? これは、少しものの見方などを変えると「俺の意見(=作品)に対して他人は意見や批判をするな」とも見て取れる。
(うがっていますが) お笑い芸人などの インプラント 福岡ツイッターなどでも一時期、同じようなことを書いた芸人がいた。 でも、ツイッターやラインは多くの人が見る。
そして、その意見(小説)や表現(お笑い)を見てもらうことでお金をもらっているのである。 それを『(相手と)意見が合わない』という理由で拒絶をすれば、読者やファンなどからすれば不誠実に映るし「度量の狭い人だな」と思うだろう。
もっと書くと、大勢の人が見るツイッターやラインではなくメルマガなどで読者を選別し意見を書いたほうがお互い不快な気持ちにならなくていいと思う。