屈辱感

宗教の不寛容って、宗教が宗教であるが故なんでしょうけど、宗教の抱える根本矛盾だと思います。

欧米を見ていると、養子が一般的過ぎて逆に抵抗感を持っていないのが怖い気もします。一方で途上国の「生きていくための養子」みたいなのも可哀想ですけど。一概にどっちが良いとは言いにくいですね。

それにしても、闇金相談那覇宗教ってはまり込めばはまり込むほど周囲からズレていくっていうのは真実ですね。どの宗教も原理主義的な一派って、他の宗派から見ると異常者に見えるみたいですし。
ズバッと確信突きますね。
そう言われないように頑張ります。
妊娠云々 依然に
人間としての

最悪の 『屈辱感』の
一つを心ゆくまで味わって、

信仰ぼけから

目を覚まさせてあげれば、良いのですよ。

実に、想像力を欠いた不快な人物なので、体験が一番

よろしいかと。
その意味では賛成です。『屈辱感』にあわせて「恐怖感」も味あわせたいですけど。その場の恐怖と、妊娠=人生が最悪の方向になるという恐怖感の両方を味わってもらいたいです。