無失点

2試合とも先発が同点に追いつかれて明らかにアウトを取れなくなっているにも関わらず、逆転されるまで続投させた事が問題だと思う。

ロッテ やオリは先発より中継ぎ以降が方がより確実に抑えられるというゲームプランを持っているので、ライオンズの先発さえ最低同点で降ろせば勝ちに繋げられると いう余裕を持っている。  
ライオンズはその逆で先発が最低7回を2点差以上でリードしないと勝てないという呪縛を感じた。結果先発を引っ張り過ぎて逆転された後は無失点で抑えられてしまった。チーム力の差もあるが、明らかにここ数年の中継ぎ以降の弱さが克服できていない。  
渡辺監督時代の得意の追い込みは勝ちパターンをシーズン終盤に確立できた年に限っての事でそれもシーズン前半での数々の失敗からの配置転換の結 果であった。去年に限れば、野上の中継ぎと涌井の抑えで勝ちパターンを確立し大型連勝で2位に滑り込んだ。ただ、肝心のここ一番(ようは短期決戦)での勝 負強さまでは結びつかず5年連続優勝を逃している。