自国の同盟国を守る為

先ず、米軍の全てが悪いかのようなトーンでの抗議もみられますが、米軍も過去の事件などを踏まえた軍内教育は行っていますから、

それが不十分であったという批判はあっても、だからと言って米軍の全てが悪い、米兵全部が危険、というのは流石に言い過ぎです。
在日米軍の多くの方々は、言葉もまともに通じない(彼らから言うところの)極東の島国に送り込まれ、万一の有事の際には、自国の同盟国を守る為とはいえ、米国の為でも米国民の為でも無い軍事行動で命を落とさなければならないかもしれない職務に就いています。 多くの職務に忠実な米軍の方々の全てが悪であるかのような言い方は 不倫調査 福島、私は流石に申し訳ないと感じます。
ましてや、今回の件を以って「米軍は出て行け」という抗議は、余りにも冷静さを欠いています。批判を承知で敢えて言いますが、1件の強姦事件を、国民全体の生命と財産、国土などの国家主権に関わる国防を、同じレベルで論じることは出来ません。