いじめ対処システム

間違った自尊心の形成や維持の仕方として、他者の価値を引き下げて満足する「いじめ行為」が発現するのでしょうし、嫌がらせや暴力によって「権力欲の擬似的な充足」を得ている部分もあるでしょうね。

いじめが深刻化した場合に、いじめ被害者の安全を確保できる適切な「逃げ場所(セーフティネット)」を準備して、学習指導の遅れに対応できる授業システムを整えておくことが必要でしょうね。

日本に限らず何処の国でも「閉鎖的な集団」ではいじめはありますし、それは大人社会でも例外ではありません。
特に、集団生活を余儀なくされる軍隊 や全寮制の学校などではいじめが蔓延化しやすい傾向が見られるようですが、一般企業の社員やパートでも、統計データには乗ってこないものの、陰湿な嫌がら せや各種のハラスメントで退職・転職をする人は一定数いるみたいですね。

集団力学から確率論的に生まれる通過儀礼としての一面は確かにありますが、通過儀礼で死者や精神疾患が生じないようないじめ対処システム(人材の 再配置と再教育・いじめ問題の矯正指導・学校教育と家庭教育の連携・いじめ被害者の心理的ケアと生命の保護)の整備が急がれる状況にあるのでしょう。