パフォーマンス

神道は宗教ではなく、祭祠であるという事は戦前か ら言われていたし、その本質は現在も変わっていないとは思うが、神社が宗教法人である以上、宗教扱いされてしまうのである。

その上でかつての国家神道に対 する反感が今もある。これが訴訟を産む原因であろう。
しかし、政教分離ならまだしも、平和的生存権を全面に押し出しての訴訟というのは単なる政治パフォーマンスだ。法的に曖昧にすぎよう。
しかもこの理屈だと、東アジア、すなわち北朝鮮や中国を現実的脅威であると、浮気調査 仙台この人たちは考えているわけだ。 たかが、神社参拝ごときが平和的生存権を侵害するというのだから、よほど好戦的だと考えているに違いない。 その考えが正しいとすると、安倍政権はより強く憲法改正、あるいは解釈改憲による自衛隊の強化、日米同盟関係のさらに密な体制作りの必要性を主張しなければならないということになろう。
それが通常だ。 すなわちこの訴訟、政治パフォーマンスは矛盾する事になる。安倍政権を批判するつもりなのに、政策を結果、応援しているわけのである。『無認可保育園歌舞伎町ひよこ組!』という映画をご存じだろうか?