医療資格

季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、現在までの膨大な研究結果により、予防の効用が見通せるのは、ワクチン接種日の約14日後から約150日間ほどだろうということが判明しました。
AED(Automated External Defibrillator)というのは医療資格を保有しない一般の人にも扱うことのできる医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスの手順に応じて動くことで、心臓が細かく震える心室細動の治療の効力をもたらします。
クモ膜下出血(SAH)とは90%近くが「脳動脈瘤」と言われる血管が変形してできる不要なコブが破れることにより罹患する命にかかわる深刻な病気だと認識されています。
悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、通常なら人間の体を癌から守る役目を担う物質を産出するための鋳型ともいえる遺伝子の不具合が原因で罹患してしまうとのことです
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に存在しているインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が壊れてしまうことが原因で、残念なことに膵臓からほとんどインスリンが出なくなって発病してしまうという糖尿病なのです。
演奏会の開催される場所や踊るためのクラブハウスなどに置かれたとても大きなスピーカーの近くで爆音を聞いて耳が遠くなってしまうことを「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と呼んでいます。
30〜39才の間に更年期になったとしたら、医学用語では「早期閉経(premature menopause)」という女性疾患のことを指します(日本の場合は40歳以下の比較的若い女性が閉経してしまう症状のことを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と言っています)。
体脂肪の量(somatic fat volume)は変動がなく、体重が食物の摂取や排尿などにより短時間で増減する場合は、体重が増えれば体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少した方は体脂肪率が上がるのです。
吐血と喀血、いずれも口からの出血に変わりはありませんが、喀血の方は喉から肺を通る気道(呼吸器のひとつ)から血が出ることであり、吐血とは無腸間膜小腸より上にある消化管から血が出る病状を言い表しているのです。
HIV(human immunodeficiency virus)を含んだ精液や血液、女性の母乳や腟分泌液といった様々な体液が、交渉相手などの傷口や粘膜等に触れれば、感染のリスクが出てくるのです。
紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが人体に吸収されるのを助長するという性能で有名であり、血液の中のカルシウムの濃度を調節し、筋繊維の働きを適切に操作したり、骨を作ったりします。
トコトリエノールの作用としては酸化を遅らせる効果が殊更知られていますが、それ以外に肌を美しく保つ効果や、血清コレステロールの産生を抑えるというようなことが言われています。
暗い場所だと光量不足により見るのが難しくなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、眼球の水晶体のピントを合わせるのに余計なパワーが使用され、光の入る所で物を見るより疲れやすくなるといえます。
寝姿を見ることなどで、人間がセラピーアニマルをすごく愛おしいと感じることによってホルモンのオキトキシンが分泌されて、ストレスの低減や癒やしに繋がっているといわれています。
UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという特徴があるのでオゾン層を通る際にその一部が吸収されるのですが、地表に届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸を傷つけてしまうなど、皮膚に悪い影響をもたらすのです。