健康にキープ

悪性の腫瘍である卵巣がんは、正常なら人の体をがんから保護する役目を担う物質を製造するための鋳型ともいえる遺伝子の不具合が原因で発症する病気です。
肝臓をいつまでも健康にキープするには、肝臓の毒素を無毒化する作用が下がらないようにすること、即ち、肝臓を老化させない対処法を迅速に開始することが効果的だと言われています。
ばい菌やウィルスなど病気を招く病原体(病原微生物)が口から肺の中に侵入して伝染してしまい、肺の内側が炎症を起こした様子を「肺炎」と断定しています。
ハーバード・メディカルスクールの研究によると、通常のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上カフェインレスコーヒーを飲用すれば、驚くことに直腸癌の罹患率を約5割も減らせたらしい。
耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森のスギや檜、ブタクサなどの木や草の花粉が元凶となり、クシャミ・頭重感・鼻詰まり・鼻水などのアレルギーを発症させる病気として広く認識されています。
男性だけにある前立腺という臓器はその成長や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンが非常に大きく関わっており、前立腺に出現したがんも同様に、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンに刺激されて大きく成長してしまいます。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在しているインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまったことで、残念なことに膵臓からほとんどインスリンが出なくなり発症してしまうという自己免疫性の糖尿病です。
PCの光のちらつきを低減させるPC専用のメガネが大変人気を集める訳は、疲れ目の軽減に多くの方々が興味を持っているからだと思っています。
陰金田虫とは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と呼び、白癬菌というカビの一種が股部、陰嚢、お尻などの場所にうつり、棲みついてしまう病気のことであり水虫です。
年齢を重ねることが原因の耳の聞こえ辛さでは毎日少しずつ聴力が落ちていきますが、通常60歳を超えてからでないと耳の衰退をはっきり自認できないのです。
インフルエンザ(流感)の効果的な予防策や治療方針等必ず行う措置自体は、それが例え季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザであっても一緒なのです。
毎日の折り目正しい暮らし、腹八分目を心がけること、楽しい体操等、古臭いとも言える健康に対する取り組みがお肌の老化防止にも活用されるということです。
骨を折ってたくさん出血した際に、急に低血圧となって周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、座っていても起こる意識喪失などの不快な脳貧血が出てくるケースがあります。
一旦歯の表面を保護しているエナメル質を脆くさせるほど拡がってしまった歯周病は、原則病状自体が安定することはあっても、失ったエナメル質が元の量に復活することはまずありません。
AIDSとはHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染によって引き起こされるウイルス感染症であり、免疫不全へと至り些細な真菌などが原因の日和見感染やガン等を発症してしまう症候群そのものを総称しているのです。