特徴

耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者しか感じないタイプの「自覚的耳鳴り」と、血流のように本人に加えて他の人にも高性能のマイクロホンを使用したりすると感じることのできるという特徴を持った「他覚的耳鳴り」があるのです。
耳の内部構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に大別することができますが、この中耳の近くにばい菌やウィルスなどが付き、炎症が発生したり、液体が溜まる病気を中耳炎と呼んでいます。
過食、太り過ぎ、喫煙、消費カロリーの低下、心身両面のストレス、高齢化など複数の原因が融合すると、インスリン分泌が鈍化したり、機能が低下したりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病に罹患することになります。
前立腺はその生育や働きにアンドロゲン(男性ホルモン)が大きく関係していますが、前立腺に現れてしまった癌も同じように、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンに刺激されて肥大化します。
基礎代謝量(kcal)とは目が覚めている状態で命を維持していく(鼓動、口からの呼吸、腎機能の動き、体温や筋肉の緊張の保持等)のに外せない理論上のエネルギー消費量のことを言います。
2005(平成17)年以後新しくトクホ(特保)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」のコピーの明示が義務付けられた。
老人や慢性的な持病を患っている人は、際立って肺炎にかかりやすくてなかなか治らないというデータがあるので、予防する意識や早めの手当が大切なのです。
ビタミン欠乏症である脚気の症状は、手や足がジンジンと痺れたり下肢の著しい浮腫などがよく訴えられ、進行してしまうと、深刻な場合、呼吸困難に至る心不全も誘引する可能性があるそうです。
自転車の転倒事故や建築現場での転落事故など、とても強い圧力が体にかかった場合は、複数の地点に骨折が齎されてしまったり、複雑骨折となったり、酷くなると臓器が破損することもよくあります。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、一番症例の多い中耳炎で乳幼児によくみられる病気です。耐え難い耳の痛みや38℃以上の熱、真っ赤な鼓膜の腫れ、耳漏(じろう)などの様々な症状が発生します。
ブラッシングなどで、入居者さんが犬のことをとても愛おしく思うことによってオキトキシンが分泌されれば、ストレスの低減やヒーリングなどに繋がっていくのです。
健康を推進する世界保健機関は、身体に害を与えるUV-A波の浴び過ぎがお肌に健康障害を誘引するとして、18歳以下の若い人が肌を黒くする日サロを利用する活動の禁止を主に先進国に提案しています。
30〜39才までの間に更年期が来たとすれば、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(early menopause)」という病のことを指します(この国の場合は40才以下の女の人が閉経してしまう状態のことを「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と定義しています)。
自分で外から見ただけでは折れているのかどうかよく分からない時は、ケガをした部分にある骨を優しく突いてみて、その箇所に強い痛みを感じたら骨が折れているかもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。
鍼灸のハリを気になる所に刺してもらう、という物的な程よい幾多の刺激は、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスと称されるいわば電気信号伝達を起こすのではないかという見方が浸透しています。