長引く

UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという特徴があり、オゾン層を通る際にその一部分が吸収されますが、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸を破損させるなど、肌にとって悪い影響を与えます。
高血圧(hypertension)が長引くと、身体中の血管に大きな負担がかかった結果、頭から足まで色んな血管にトラブルが発生して、合併症を発症してしまう可能性が大きくなります。
鍼を体に刺してもらう、という物体的な複数の刺激は、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスと呼ばれている電気信号の化学伝達を誘引するという考え方が浸透しています。
バイ菌やウィルスなど病気を引き起こす微生物、すなわち病原体が肺の中に入って発病してしまい、肺そのものが炎症を起こした様を「肺炎」と称しているのです。
パソコンモニターの光のチラつきを低減する専用眼鏡が最も人気を集めるのは、疲れ目の手当にたくさんの人々が苦心しているからです。
「体脂肪率」というものは、人の体内の脂肪の占めている比率を指し、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(body weight、キログラム)×100」という数式で表すことができます。
四六時中ゴロンと横向きになったままテレビを視聴していたり、長い時間頬杖をついたり、踵の高い靴を毎日履くといった習慣的なことは身体の均衡が崩れる主因になります。
ご高齢の方や慢性的な持病を持っている人は、際立って肺炎を発症しやすくてなかなか治らないと言われているので、予め予防する意識や早め早めの手当が大事です。
肝臓をいつまでもきれいにキープするには、肝臓の毒素を無毒化する作用が低下しないようにする、とどのつまり、肝臓のアンチエイジング対策に地道に取り組むことが効果的だと考えられます。
ストレスがかかり、溜まるという経過や手軽なストレス対処法など、ストレス関連の詳しい知識を保持している方は、まだ少ないようです。
痩せたいあまりにカロリー摂取を抑制する、1人前を食べない、そのような生活を続けると結果的に栄養までもを不足させ、慢性的な四肢の冷えを齎すことは、多くの医師が問題視されていることなのです。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは目が覚めている状態で命を保っていく(心臓、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋緊張のキープなど)のに必要な最低限のエネルギー消費量のことを指しています。
内臓脂肪型の肥満があった上で、油脂の摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、高血糖のうち2個か3個すべてに合致する状態のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボと呼んでいるのです。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者にしか聞こえないと言われる「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように当事者だけでなく他の人にも高品質なマイクロホンなどを利用すると感じることができるというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、対処法が変わります。
子供の耳管の特徴は、大人の耳管と比較して幅があり短い形状で、しかも水平に近いため、様々なばい菌が進入しやすくなっているのです。小さな子供が急性中耳炎を発症しやすいのは、この構造が関わっています。