血管

脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経の調節や痛みを鎮静化させ、あらゆる覚醒現象などをコントロールしており、大うつ病(単極性気分障害)の患者ではその力が弱くなっていることが証明されている。
脳卒中のくも膜下出血(SAH)は9割弱が「脳動脈瘤」と呼ばれる脳の血管にできたコブが破裂して脳内出血してしまうことが要因となって引き起こされてしまう命にかかわる深刻な病気だと多くの人が知っています。
不整脈の期外収縮は、健康な人にも症状が出現することがあるためさほど逼迫した病でないとはいえ、短期間で発作が続いて起きる場合は危険なのです。
ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、主に両手両足がマヒしたり下肢の著しいむくみなどが標準で、病状が進行してしまうと、最も深刻なケースでは呼吸困難に陥る心不全も齎す可能性があるとのことです。
もう歯の表面のエナメル質を脆くさせるまでに症状の進んでしまった歯周病は、あわよくば炎症そのものが落ち着いたとしても、失った骨が元の量に復元されることはまずありません。
体脂肪量(somatic fat volume)にさして変化がなく、体重だけが飲食や排尿等によって一時的に増減するようなケースでは、体重が増加したら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減少すると体脂肪率が上昇するのです。
メタボリックシンドロームであるとは言われていなかったとしても、臓器に脂肪が多く付きやすい型式の肥満症に陥ることにより、重い生活習慣病を誘引する可能性が高まります。
自分で外から見ただけでは折ったかどうか自信がない場合は、怪我をした箇所の骨を少しだけ触れてみてください。もしその箇所に強烈な痛みが響けば骨が折れている可能性があります。
老化が原因の耳の聞こえ辛さにおいては段階を経て聴力が低下していくものの、大体において60歳を超えてからでないと聴力の衰退をしっかりとは認識できません。
高齢の人や病気を患っている方などは、一際肺炎を発病しやすく治るのが遅いという傾向にあるので、常日頃の予防やスピーディな手当が大事です。
毎日ゴロンと横向きになったままテレビ画面を眺めていたり、机の上で頬杖をついたり、ヒールの高い靴等をいつも履くというような習慣は身体の均衡が乱れる大きな誘因になります。
ヘルニアとは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間にあって緩衝材のような役割を担っている椎間板(ついかんばん)という柔らかい線維軟骨が飛び出た症状のことを指しているのです。
脂漏性皮膚炎という病は皮脂の分泌異常が原因で現れる湿疹で、皮脂分泌が異常をきたす主因としてはステロイドホルモンの一種である性ホルモンの均衡の乱れやリボフラビンなどビタミンB群の欠乏等が注目されているのです。
学校や幼稚園など大勢での集団生活をする際に、花粉症の症状のせいで皆と等しく元気に走り回ることができないのは、患者にとってもさみしいことです。
食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、運動不足、精神的なストレス、老化など複数の誘因が混ざると、インスリンの分泌量が減ったり、機能が低下したりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患するのです。