感染

不整脈である期外収縮は、健康でも発生することがあるので緊急の心臓の障害とは限らないのですが、短期間で発作が繰り返してみられる場合は危険です。
めまいは起こらないのに、しつこく不快な耳鳴りと難聴のみを何回も発症するパターンを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール氏病」と診断する症例も多いそうです。
毎日のように横向きの状態でTVを眺めていたり、長い時間頬杖をついたり、踵の高い靴をいつも履くといった習慣は体の均衡を崩してしまう素因になります。
エイズというのはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって罹患するウイルス感染症であって、免疫不全を引き起こして些細な病原体が原因の日和見感染や癌等を発症してしまう症候群そのものを指しているのです。
陰金田虫とは、医学上は股部白癬と言い、白癬菌というかびが陰嚢(いんのう)や股部、尻などの場所に何らかの理由で感染してしまい、棲みついてしまう病気で俗に言う水虫のことなのです。
エネルギーとして瞬時に機能する糖、細胞の生まれ変わりに欠かせない蛋白質など、過度のダイエットではこの2つに代表される体を維持するために絶対必要な要素までもを減らしてしまっている。
PC使用時の細かなチラつきを低減させる専用眼鏡がすごく人気を博している理由は、疲れ目の予防に大勢の方々が興味を持っているからだと推測されます。
過飲過食、肥満、運動不足、遺伝、不規則な生活、心身両面のストレス、加齢というような複数の素因によって、インスリン分泌が少なくなったり、働きが悪くなったりして生活習慣病に属する2型糖尿病に罹患します。
狭心症(angina pectoris)の外科処置では大方の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」もしくはグラフトを用いる「冠動脈大動脈バイパス術(CABG)」という双方の技術が活発に使用されています。
脂漏性皮膚炎というのは皮脂の分泌異常が原因で出現する湿疹で、皮脂の分泌が異常をきたす因子としては性ステロイドホルモンの均衡の崩れ、ナイアシンなどビタミンB複合体の枯渇等が関わっているのです。
素人判断では骨を折ったかどうか自信がない場合は、痛めてしまった所の骨を弱い力で突いてみて、もしその箇所に激しい痛みを感じたら骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が無くなった後に売られる、新薬に等しい成分で負担分の小さい(代金が高価ではない)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。
基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が動かずにじっとしていても燃焼する熱量のことで、5割以上を様々な筋肉・最も大きな内臓である肝臓・頭部の脳が占めているということをご存知ですか?
杉花粉が飛散する期間に、乳幼児が発熱はしていないのにクシャミを連発したりサラサラした鼻水が止まってくれない状態なら、その子は『スギ花粉症』かもしれないのです。
クシャミや鼻みず、鼻づまりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の嫌な症状は、アレルギーの誘因である花粉の飛散量の多さに追従するかのように深刻化するデータがあると知られています。