入居者

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂の分泌異常により発病する湿疹で、皮脂の分泌が異常をきたす素因としてアンドロゲンと女性ホルモンのバランスの乱れ、リボフラビンなどビタミンB複合体の不足等が注目されているのです。
ブラッシングなどで、入居者さんがセラピーアニマルのことをすごく愛おしいと感じる時にホルモンのオキトキシンが多く分泌されれば、ストレスを軽減したりヒーリングなどに繋がります。
常在細菌であるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、毒の極めて強力な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と毒の薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種に分けられます。
AED(Automated External Defibrillator)というのは医療資格を保持しない方にも使用する事のできる医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスの通りに利用することで、心臓の心室細動に対する緊急処置の効果を実現します。
学校や幼稚園などの団体生活をする中で、花粉症が原因でクラスの皆と同様に外で元気に行動ができないのは、患者である子どもにとっても悲しい事でしょう。
男性の生殖器である前立腺は活動や成長に雄性ホルモンがとても深く関係していますが、前立腺に発現してしまった癌も同じく、アンドロゲン(男性ホルモン)の働きを受けて大きくなってしまうのです。
ピリドキサミンには、あのアミノ酸をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギーの代謝に必要な回路へ組み込ませるために輪をかけてクラッキングするのを促進するという動きもあります。
環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと輪状、要はまるい形をした紅い発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふのトラブルの総合的な病名であって、その素因はまったくもって多種多彩だということができます。
HIVを持った精液、血液を始め、女性の母乳や腟分泌液などの様々な体液が、交渉相手や看病する人などの傷口や粘膜部分に触れることにより、HIVに感染する危険性が高くなってきます。
体脂肪の量はさして変化がなく、体重が食事や排尿などにより一時的に増減する場合は、体重が増えた人は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減った人は体脂肪率が高まることがわかっています。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の直径が狭まってしまって、血液の流れが止まり、酸素や大事な栄養を心筋に配達できず、ほとんどの筋細胞が死ぬという大変危険な病気です。
ものを食べるという行為は、次に食べようと思った物をなんとなく口へ運んで数回咀嚼して飲み込むだけに思われがちだが、そのあと人体は実に律儀に働き続けて食物を体に取り入れるよう励んでいる。
今時の手術室には、ラバトリーや器械室(apparatus room )、準備室を用意し、手術中にレントゲン撮影するためのX線装置を付けるか、近い所にX線のための専門室を併設するのが常識となっている。
AIDSはヒト免疫不全ウイルスの感染によって生じるウイルス感染症の病名で、免疫不全を引き起こし些細な病原体による日和見感染や癌などを発症してしまう病状の事を総称しているのです。
昨今、若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に立ち向かう力を保持していない人々が増えていることや、早合点のために診断が遅れることによるアウトブレイク・院内感染が増えています。