インスリン注射

過食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、人間関係などのストレス、老化といった多様な原因が集合すると、インスリン分泌が鈍くなったり、働きが鈍くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病を発病するのです。
大抵は骨折しない程度のごく小さな圧力でも、骨の同じエリアだけに幾度も持続的に力が加わってしまうことで、骨が折れることがあるので注意が必要です。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管内の空間が狭まり、血流が途絶えて、栄養や酸素が心筋まで送られず、ほとんどの筋細胞が壊死するという大変怖い病気です。
悪性の腫瘍である卵巣がんは、正常ならば体をガンから守る役目をする物質を作り出すための鋳型のような遺伝子の異常が引き金となり発症してしまう病気だということです。
耳の内部の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分類されますが、中耳の部分に細菌やウィルスが付着し、炎症が誘発されたり、液体が滞留する症状を中耳炎と称しています。
エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染により罹患するウイルス感染症の事で、免疫不全へと至り些細な細菌などによる日和見感染や悪性腫瘍を複数発症する病状そのものの事を称します。
環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと輪状、要するに輪っかのような円い形状をした真っ赤な湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ疾患の総合的な病名であり、理由は本当に多種多彩だといえるでしょう。
基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が何もせずに横たわっていても燃えてしまう熱量のことで、大部分を様々な筋肉・内臓の中で最も大きな肝臓・脳の3種類が占めると考えられています。
コンサートやライブなどの開催される場内やダンスを踊るためのフロアなどに置かれたものすごく大きなスピーカーの隣で大きな音を聞き続けて耳が聞こえづらくなることを「急性音響性聴器障害」と言っています。
陰金田虫(インキンタムシ)とは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と言われている、白癬菌というかびが股部、陰嚢(いんのう)、お尻などの部位に何らかの理由で感染してしまい、寄生してしまう感染症であり簡単に言うと水虫のことです。
乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、替わり、2012年9月1日以降は原則無料で受けられる定期接種になり、病院などの医療機関で個々に注射する個別接種の扱いになりましたのでご注意ください。
パソコンモニターのチラつきを和らげる眼鏡が最も人気を集めている訳は、疲れ目の予防策に大勢の方が苦労しているからだと考えられます。
お酒に含まれるアルコールやお薬、増粘剤を始めとした食品添加物等の成分を酵素で分解して無毒化する機能を解毒(げどく)と呼んでおり、多機能な肝臓の果たす最も重要な役割分担の一つであることは間違いありません。
不整脈の中でも期外収縮は、健康でも出現することがあるため深刻な重病ではないと考えられていますが、発作が数回に渡って続いて起こるケースは危険だといえるでしょう。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常が主因で起こる発疹・発赤で、皮脂分泌が異常をきたす素因としては性ステロイドホルモンのアンバランス、V.B.複合体の不足などが考えられているのです。