大腸粘液

胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な措置ではほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング法」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス手術」という双方の技術が一般的に使われています。
下腹の激しい痛みを引き起こす代表的な疾患には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、子宮の病気等が聞かれるようです。
めまいが出ず、しつこく不快な耳鳴りと低音域の難聴だけを幾度も繰り返す症例を区別して「蝸牛(かぎゅう)型メヌエル病」という病名で呼ぶ場合もあるようです。
虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管内が狭くなって、血流が途切れ、酸素や大切な栄養が心筋に配達されず、筋線維そのものが死ぬ重い病気です。
アメリカやヨーロッパ各国においては、新しく開発された薬の特許が満了した約1ヶ月後には、市場の80%が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に替わるような医薬品もある位、後発医薬品(こうはついやくひん)は世界で知られています。
抗酸菌のひとつである結核菌は、人間がゴホゴホと「咳」をすることによって内気に振りまかれ、空中でフワフワと浮いているところを違う人が吸い込むことによりどんどん拡がっていきます。
ハーバード大学医学部の研究によれば、通常のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上カフェインの取り除かれたコーヒーに変えることで、あの直腸がんの発症する確率を半分以上も減らせたということが明らかになっている。
脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスの調整や痛みを鎮圧し、あらゆる覚醒などを司っていて、気分障害(うつ病)に罹患している人はその動きが減少していることが判明しているのだ。
内臓脂肪タイプの肥満が診られ、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2個以上相当するようなケースを、メタボと名付けています。
急性中耳炎(Acute otitis media)は、最も患者数の多い中耳炎で比較的小さな子供によく発症する病気です。強烈な耳の痛みや38℃以上の高熱、ひどい鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(耳垂れ)などのいろいろな症状が起こるのです。
もし婦人科の検査で現在エストロゲンなどの分泌量が基準値を下回っており早発閉経(Premature Ovarian Failure)だと判明した場合は、足りていない女性ホルモンを補てんする治療等で改善できます。
体脂肪量(somatic fat volume)には変化が見られず、体重だけが飲食や排尿などで短時間で増減する時は、体重が増えたら体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減った方は体脂肪率が上昇します。
人間の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3つに分類することができますが、中耳付近に様々なバイ菌やウィルスなどが付着し、炎症が発生したり、体液が滞留する症状を中耳炎と言っています。
明るくない所では光量不足によって見辛くなりますが、更に瞳孔が開いてしまうため、眼球のピントを合わせるのに不必要なエネルギーがかかり、光の入る場所でものを見るよりも疲労が大きくなるのです。
感染症のポリオを予防する不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、2012年9月1日から原則無料で受けられる定期接種となるため、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で接種するという個別接種のスタイルに変更されました。