もうひとつ声が聞こえる

いつも夕景を撮る場所に行ったら、ヒバリが盛んにさえずっていた。
鳴いている場所を見たら、いつもの空の位置だった。
あのオスヒバリはいたようだ。
何かの理由で飛んでいなかったか、たまたまれんぞうが見かけなかっただけかは、分からないが、いて良かった。

ところが、もうひとつ声が聞こえる。
しかもこちらに近付いてくる。
なんと、ツバメ2羽と一緒に飛んでいる。
ツバメは無言で飛んでいるが、ヒバリはさえずりながら飛んでいる。
この3羽は友達なんだろうか。
それか、ヒバリが「ボクと友達になってよ」とツバメに寄り添っているのか。

どちらも、家まで望遠レンズを取りに行ってては間に合わない。
目撃談として書いておいた。

さて、家を出るとき、ラジオのニュースで美濃加茂では大雨が降っていると報じていた。
知多では気配もない。
ただ風は湿っていて、昼から比べると気温も下がっている。
この辺りは風が抜けていくところなので、雲が湧くことは少ない。