今後の研究

小保方さん一人の問題とした理研の第三者調査委員会の判断は非常に怪しい。
物的証拠はないので、状況証拠での話になってしまいますが。。。

現時点で分かっていることは以下の通り。・論文だけでは不十分で再現は出来ない・手法が確立すれば容易になるかもしれないが根拠はないこの状況では捏造と思われても致し方ないわけです。
但し、STAP現象とみなした現象が発生しないわけではない。だからこそ今後の研究が必要で有益な研究であるか、トンデモ研究であるかというのを判定待ちというのが現状と思います。
これにはある程度の時間はかかるとは思いますが。。。
というのを、今理研が行おうとしていることなわけですね。
因みに若山氏に関するニュースを見る限り、この話が本当であれば、オスのマウスからのSTAP幹細胞作製については確立はしているとも見えるわけで、どちらかといえば仮説の論文であるという評価になると思います。
あ くまで論文の著者は小保方氏であり、問題とされた2点を書いたのが小保方氏であれば、理研という組織の中で論文問題で対象となるのは小保方氏になるわけで す。