大して状況は変わらない

私はそんな冤罪暴力は使いません。
という女性がほとんどだろうけれど、一人でも冤罪暴力を使う可能性があり、

使えば一撃で男性を抹殺出来る制度になっているならば、男性は冤罪暴力を恐れて引き籠ることになる。 未だにセクハラがあるブラック企業だと大して状況は変わらない気がするが、現状でも厳し過ぎるほどのセクハラコードがあるまともな企業の職場ほど、過敏に反応することになる。 まっとうな堅気の企業の職場で、塩村事件の如きトラブルがあってはならないから。 現在、明文化された社内コンプライアンスや労組がある企業だと、どのくらいのセクハラコードになっているかというと、
●男性上司と女性部下が二人で打ち合わせしたらセクハラ。  (男女の職級が同じや、上司が女性ならばセーフ)
●男性社員が、女性社員の引き出しを開けたらセクハラ。
となっており、男性上司は女性部下の扱いに際して、腫物を触るような扱いになっている。